のどが渇いたとします。水が飲みたくなりました。それもおいしい水が飲みたい!みなさんは、「おいしい水」が飲みたくなったらどうしますか?

ある人は、水道の水で我慢するかもしれません。ある人は、おいしい水を求めてコンビニへ行き、「おいしい水」と書かれたペットボトルを買うかもしれません。ある人は、有名な山のふもとまで、「おいしい水」を汲みに行くかもしれません。

しかし、それより、もっと「おいしい水」を飲む方法があります。それは、一生懸命に練習に取り組み、たくさんの汗を流せばよいのです。先日の練習中、水筒の水分がなくなり、水道水を飲んでいる生徒がいました。水を飲むなり、「うめぇ~」という声が聞こえてきました。思い切り走り、スポーツをした後の水は格別においしかったんでしょうね。適当に練習に取り組み、ただ時間だけが過ぎる練習では「うめぇ~」という声が出るはずもありません。自分自身が変われば、水道の水でも、世界一のおいしい水になるんだなと・・・。ごくごくと飲んでいる生徒の様子を見て感じたところでした。

さぁ、冬季練習の真っ只中、今年もあと1か月です。何かをつかんで終わりたいものです。

大会前から雨の予報が出ていましたが、粘りに粘り、朝はうっすら晴れ間もあるコンディションでした。そんな中、女子がスタートしました。結果は速報で伝えた通りです。本県中学女子長距離は、今年もなかなか苦しい状況が続いていますので、駅伝シーズンも厳しい戦いを覚悟しており…。各県予選の結果から沖縄勢4校との戦いかなと予想していました。結果はまさにその通りとなりました。ただ、大淀中のエース有田さんが久しぶりに快走したことは評価でき、全国大会では昨年以上の結果を期待したいと思った次第です。小林中学校は、2年生主体のチーム。次年度、天草でのリベンジに期待です。

男子のレース前から雨が降りだし…。3区後半あたりからは、まるで台風のようなコンディション。そんな中、小林中、西中ともに力走。体調不良者も出ることなく、無事に大会を終えました。小林中が昨年に続き、ランキング以上の結果を出し大健闘。3区途中まで先頭を走る素晴らしいレースでした。エース鶴君は、夏の1500,3000m優勝に続き、1区区間賞の称号。全国大会でもチームを勢いづけるレースを期待したいものです。西中はエース格の清水君が修学旅行と被り欠場、苦しい戦いとなったのですが、懸命にたすきを繋いでくれました。5区黒木君の突風にあおられながらも前を見据えて走る姿に感動を覚えました。写真からも、その姿が伝わったことと思います。あ、それとです。2区の福留君。彼は、走幅跳の県チャンピオンで、九州大会2位の選手です。このように、チャレンジする姿勢に刺激をもらい、県内の中学生が頑張ってもらえたら嬉しいなと思ったところです。

次は、滋賀県での全国大会です。大淀中学校と小林中学校の応援、引き続きよろしくお願いします。【専門委員長 三股中:田原】

優勝は本渡、2位は下益城城南、熊本勢のワンツーフィニッシュでした。小林が大健闘の5位、西が14位でした!

先頭は大分滝尾、次いで、熊本本渡、小林が3位、西が14位

雨、風が強くなる一方です。視界が見えずフラフラ走る選手もいるとの報告です。

台風並みの風が吹いているようです。

4区残り1キロ、小林が3位争い、大変申し訳ありませんが、悪天候のためその後の報告がうまく届いていません。

雨、風ともに激しくなってきました。そんな状況の中、現在1.2km地点で小林が先頭、西が14位です。頑張れ宮崎!

1区、小林が3位、西が14位で通過

現在、2区が800m地点を通過

1区も残り800m、先頭集団に小林

何とかもちこたえていた天候でしたが、男子のスタートと同時に雨が・・・。さぁ、いよいよ男子がスタートです。

優勝は最終区逆転で神村学園、大淀が14位、小林が15位でフィニッシュ